きちんとした調査を|土壌汚染調査を行ない安心な住まいを|家を建てる前に大事なこと
男性

土壌汚染調査を行ない安心な住まいを|家を建てる前に大事なこと

きちんとした調査を

工事

地質調査は、様々な方法で地盤の形や質・量を調査します。建物を建てる際には必ず行い、地上からでは判断できない地中の特性のデータを出し、工事に役立てています。工事だけではなく、建物の維持や管理、防災面でも地質調査が活かされています。土壌の状態や地下水の汚染状況を調査することも地質調査の一つです。環境保全の面でも大きな役割を担っています。場所によっては砂層や粘性質などの地盤の場合もあり、そこにある建物は地盤沈下や、地震による液状化の被害を受ける場合もあります。そうなると、家が傾いてしまうこともあり得るのです。以前工場などがあった場所は、地下水が土壌や地下水が汚染されている可能性もあり、建物に悪影響を及ぼす危険性があります。こうした被害を防ぐためにも、地質調査が重要なのです。地震や台風などで起こる土砂崩れや落石がある場所を調査・観測したり、災害を未然に防ぐ役目もあります。このような防災工事やトンネル工事などにも、地質調査は欠かせません。地質調査は、現地での計測や試験などの調査を行ない、各層の土質や硬さなどその後解析して判定するというのが大きな流れになります。こ現地で行う試験により、地盤の耐震性などを調べることができます。また、過去の資料から得られる情報もあり、災害に遭いやすいかどうかなどもわかる場合があります。地質調査により工事も安全に行うことができ、調査を行う場所の環境保全の面でも大きな助けとなっています。建物を建てる前には、必ず地質調査を行ないましょう。