建て替える前に|土壌汚染調査を行ない安心な住まいを|家を建てる前に大事なこと
男性

土壌汚染調査を行ない安心な住まいを|家を建てる前に大事なこと

建て替える前に

工事現場

家を建てるときには、準備することがたくさんあります。新築の場合はどういう間取り・部屋数にするか、建て替えの場合は前の家とどのような違いを出すかなど、考えることも尽きないでしょう。その前に必要なのが、地盤調査です。安心して生活できる家を建てるためにも、地盤調査を行うことはとても重要です。地盤がどれぐらいの重さに耐えられるか、地盤沈下の抵抗力がどれぐらいあるかを数字で示す地耐力を測り、欠陥を起こさず安全に建てられるか調査することが、地盤調査というものです。特に建て替えの場合、前の家と同じ敷地内でも地耐力は違うので、過去に問題がなかったとしても調査が必要なのです。理由の一つとして,建て替えを請け負う業者は、建て替える際に瑕疵による補修などの責任を持つことが義務づけられていることも挙げられます。地盤調査は、調査の種類や業者によって費用が変わります。スウェーデン式サウンディング調査というものは木造住宅で一番多い調査です。調査方法が簡単なので短時間ででき、費用も安くなっています。木造住宅にはあまり使われませんが、ボーリング調査は詳細な情報がわかるところが特徴です。主に鉄筋コンクリートの大型の建築物に使われる方法なので、作業するスペースが広く、費用も高くなります。表面波探査法は、人工的な振動を地面に伝え、その振動波で地盤の硬さを調べます。この方法は作業スペースも少なめで、正確性もありますが、深い部分の地盤の調査は精度が下がります。それぞれの特徴を知り、どの方法で地盤調査を行うか決めましょう。