安全な建物の管理|土壌汚染調査を行ない安心な住まいを|家を建てる前に大事なこと
男性

土壌汚染調査を行ない安心な住まいを|家を建てる前に大事なこと

安全な建物の管理

模型

いつ・どこで災害に巻き込まれるかは、誰にもわかりません。自分は大丈夫と思い込まず、できる範囲の対策をしっかりやることが大切です。建物も例外ではなく、特に防火対象物点検はとても重要です。
防火対象物点検制度により行われるもので、防火の専門知識を持つ資格者が建物の責任者と面談やチェックを行い、防火基準に達しているかを確認します。過去に起きたビル火災では、避難経路に障害物が置かれていたり、消防用設備がきちんと点検されていなかったりと、いくつかの消防法令違反がありました。これらを防ぐために作られたのが、防火対象物点検報告制度です。建物の責任者は防火管理に関する点検や報告が義務となっており、防火管理の意識を高めることを目的としています。点検内容としては、防火管理者の選任・解任を届けることや、避難経路や防火戸などがどのように管理されているかなど様々です。防火対象物点検を行なうことにより、万が一火災等が起きた場合でも安全に避難することができます。建物の責任者が防火対象物点検の報告をしなかった場合などは、罰則も設けられています。罰金や勾留になることもあるので、防火対象物点検報告制度はしっかり守りましょう。消防長または消防署長が消防法令に沿って状況を確認して、優良と判断されたら特例制度を受けられる場合があります。防火対象物に対して、点検報告を3年間免除することを認定します。きちんと防火対象物点検を行い、日頃から防火管理の意識を持ち、安全な建物の管理を行いましょう。