男女

土壌汚染調査を行ない安心な住まいを|家を建てる前に大事なこと

建て替える前に

工事現場

新しく家を建てるときも、建て替えるときも、地盤調査がとても大切です。安全な家を建てて生活するためにも、様々な方法の中からどの方法の地盤調査を行うかを決めましょう。

もっと読む

安全な建物の管理

模型

防火対象物点検は、建物の管理の中でもとても重要です。いつ災害に遭うかわからないので、防火対象物点検を行なうことはもちろん、日頃からしっかりと防火意識を持ち、安全な管理を行いましょう。

もっと読む

見えない汚染状況

作業員

身近な場所の環境は、誰しも気になるところです。特に長い時間を過ごす家は、より良い環境が理想的です。生活に大きく関わる環境問題の一つに土壌汚染があります。これは重金属類や農薬などの有害物質が土壌に浸透し、土壌だけでなく地下水も汚染された状態のことを言います。主な原因として、有害物質が含まれる廃棄物を地面に埋め、雨などで周囲の土に有害物質が溶け出すことなどが挙げられます。土壌汚染の怖いところは、目で見て判断できないというところです。大丈夫だと思っている場所でも、土壌汚染調査によって汚染が発覚する場合もあります。
以前工場などがあった場所は、特に土壌汚染の危険性があるので、安全のためにも土壌汚染調査が必要になります。汚染の原因となる有害物質は、一度でも周囲の土に排出されてしまうと、消えてなくなることはありません。数十年経っても消えずにそのまま残るのです。過去にどのような建物があったか、汚染の危険性を感じるものはないかを知っておくことも大事です。さらに土壌汚染調査をすることで、より確実にわかります。汚染による健康被害を避けるために、土壌汚染対策法という法律も制定されています。有害物質を扱っていた工場などを廃止する場合などは、土地の所有者が土壌汚染調査をすることが義務になっています。法律や条例で義務付けられる義務調査と、自主的に調査を行う自主調査がありますが、土壌汚染調査の場合は、後者が多くみられます。汚染状況は、見ただけでは判断できないということが怖いところです。土壌汚染調査を行ない、安心・安全な環境で過ごせるようにしましょう。

きちんとした調査を

工事

家を建てるなら、やはりしっかりした地盤のところを選びたいものです。建てたい場所の地質調査を行なうことにより、耐震性や地盤沈下の危険性はないかなどがわかります。工事の前には、必ず調査を行いましょう。

もっと読む